花育学校支援プロジェクト

子どもたちが自ら育てた花で学校花壇を花いっぱいに・・・

「花を育てる」という取り組みを通じて、子どもたちの豊かな心を育むとともに、花と緑あふれる潤いのある学校づくりを進める「花育活動」を応援します。
このプロジェクトには、子どもたちに花と緑をもっともっと好きになってほしい、そんな願いも込められています。

花育 学校支援プロジェクト

支援の内容

指導者やボランティアが学校に出向き、毎年2回の花壇の植替えを目標に、花の育苗、花壇への植栽、水やりや花がら摘みなど一連の花の管理を子どもたちに指導します。
また、活動に必要な花苗、培養土、プランターなどの資材費用を負担します(上限があります)。
学校支援プロジェクト

活動(指導)のイメージ

活動内容

4~5月

鉢上げ(春の花)

芽が出たばかりの苗をポットに植え替え、苗が大きく育つまでの水やりなどを子どもたちが行います。

6月頃

花壇やプランターへの定植

大切に育てた苗を花壇やプランターに定植し、その後の花の管理について学びます。以降、水やりや除草などは子どもたちが行います。

7月頃

花の管理

定植した花の管理(花がら摘み、追肥等)を学びます。

8月頃

種まき(秋の花)

種子をピートバンなどに蒔き、発芽や管理について学びます。芽を出した苗は、次の授業まで大切に育てます。

9月頃

鉢上げ(秋の花)

芽が出たばかりの苗をポット植え替え、苗が大きく育つまでの水やりなどを子どもたちが行います。

10月頃

花壇やプランターへの定植

大切に育てた苗や来春に咲く球根などを花壇やプランターに定植し、その後の花の管理について学びます。以降、水やりや除草などは子どもたちが行います。

11月頃

花の管理

定植した花の管理(花がら摘み、追肥等)を学びます。

12月以降

花壇の検討

春に植える花壇のデザインや花の種類について学びます。

支援希望校の募集

平成29年度支援希望校の募集は終了しました。